TOP5

オリジナルTシャツってデザインできないと作れないと思っていませんか?
実はデザインテンプレートという、簡単にデザインが作れる素材を無料で用意してくれているサイトがあります。
本記事ではデザインテンプレートが豊富に用意してあるオリジナルTシャツ作成サイトを20社調べて、その中から5社をピックアップしましたので是非これからのオリジナルTシャツ製作にご活用ください。

Tシャツトリニティ No1

883円〜

圧倒的な量のデザインテンプレートを用意しているのがTシャツトリニティです。
こちらのサイトはオリジナルTシャツを作成して販売して、売れた金額の何%かがポイントとして還元されるというサービスなのですが、最近6,000種類以上のデザインテンプレートからシミュレーターで編集して購入できる機能が搭載されました。
デザインテンプレートと言ってもサイト運営サイドが制作したデザインではなく、ユーザーが販売目的で作成したデザインをテンプレート利用できるというものです。
ユーザーが作成したセンスあるデザインを更に編集できるという点が発想の勝利ですね。
これだけ種類があるとお目当てのデザインが探せないなと思ってしまうかもしれませんが、Tシャツトリニティはカテゴリーや性別、フリーワードなどこだわって検索できるシステムがあるのできっと好みのデザインに出会えるはずです。
是非一度Tシャツトリニティに遊びに行ってみてください。

Tシャツトリニティの公式ページはこちら

ラブラボ No2

936円〜

オリジナルプリント業界で圧倒的にデザインテンプレートの量が多いのがラブラボです。
これだけテンプレートが多いと探すのが大変だと思いますが、人気ランキングなど検索が簡単で見つけやすい構造になっているのでそこまで探すのは難しくありません。
用意してある中で特に人気なのが、NORTH FACEなどのパロディデザインです。
その他にもSupremeやCHUMSなど豊富なブランドのパロディーパーツが有るので自分好みにカスタマイズしてみてください。
全部ではありませんが、デザインシミュレーターに対応しているデザインテンプレートもあるので、デザイン詳細ページからシミュレータ画面を開いて文字部分などを自由にデザインできます。
デザインテンプレートを利用することで1,000円安くなるのが嬉しいですね。

ラブラボの公式ページはこちら

オリジナルプリント.jp No2

936円〜

1,2位と同じくデザインテンプレートを選んでデザインシミュレーターでカスタマイズできます。
カテゴリーがとにかく豊富で結婚式用や母の日などその時のイベントに合わせてデザインテンプレートが用意してあります。
嬉しいのが対応したアイテムが豊富にあるということです。
多くのプリント会社はほぼ衣類に対応しているのですが、オリジナルプリント.jpは衣類以外、つまりマグカップやフォトフレームなどに印刷が可能なのでお気に入りのデザインテンプレートがあったら、様々なアイテムにオリジナルプリントが可能です。
価格も安めなので一個からオリジナルアイテムを作成したい方に特におすすめしたいサイトでもあります。
デザインシミュレーターで作成した後は3Dヴィジョンで確認することができるので届くまでの不安も特にありません。
オリジナルTシャツ以外にもプリントを検討されている方はオリジナルプリント.jpのデザインテンプレートを使ってみてください。

オリジナルプリント.jpの公式ページはこちら

Tmix No2

936円〜

約1000種類のデザインテンプレートが用意してあるTmixも非常におすすめです。
その理由はシームレスにデザインテンプレートとデザインシミュレーターが結びついているからです。
今回ご紹介する5つのサイトの中で一番デザインシミュレーターが使いやすいのがTmixです。
その使いやすいシミュレーターでデザインテンプレートが使えるのが結構メリットが大きいです。
また他社と違うのがデザインテンプレートの独自性です。
アインシュタインやチェ・ゲバラ、Androidなどパブリックドメインになった素材を活用できるので個性豊かなオリジナルデザインがテンプレートを使用して作成することができます。
Tmixもラブラボと同じくカテゴリー分けがきちんとされているので検索せずとも自分に合ったデザインテンプレートが見つかるはずです。
見ているだけでも楽しいので是非一度ホームページに足を運んで見て下さい。

Tmixの公式ページはこちら

プラスワン No2

936円〜

プラスワンのデザインテンプレートは数こそ他の4社に劣りますが、質が面白いものばかりです。
というのも他のデザインテンプレートは基本的にシルクスクリーンプリントを使用することを想定してデザインしてあるので最高でも4色で表現してあるものが多いのですが、プラスワンはフルカラーで表現されてあるデザインテンプレートが多いです。
なので、グラデーションで表現されていたりこれでもかという位色を使っているものもあります。
と言ってもシルクスクリーンプリントで印刷できるデザインも沢山あるので幅広いユーザーが活用できると思います。
一つだけ懸念点を挙げるならばチームや店舗用のデザインテンプレートは豊富に用意してあるのですが個人用のデザインテンプレートがあまりないのでそこが他社と違って気になる点です、もう少し個数が欲しいところですね。

プラスワンの公式ページはこちら

まとめ

会社 デザインテンプレートの種類
Tシャツトリニティ 6,157種類
ラブラボ 3,974種類
オリジナルプリント.jp 約1,400種類
Tmix 約1,000種類
プラスワン 約500種類

いかがでしたでしょうか?
20社調べて、デザインテンプレートが豊富に用意してあるサイトランキングBEST5をまとめました。
結論としては、一番種類が多い「Tシャツトリニティ」をまずチェックしておくことをおすすめします。
もしデザインが既に決まっていたとしても販売も可能なのでおすすめです。
売れたら利益が出るのでクリエーターになれるかもしれませんよ。
プリントの質やスタッフの対応に関しては各社のユーザーレビューページを見てもらうと分かりますが、どの業者も一流なのでその辺は心配しなくとも良さそうです。
目的に合わせて自分に合った業者を選択してみてください。

総合比較ランキングはこちら